心が辛くなったら診療内科におこしください

このエントリーをはてなブックマークに追加

心理療法と組み合わせる

心理療法と組み合わせる

心療内科では、医療機器を利用して治療をする他にも薬物療法や心理療法なども広く行われており、特に薬物療法は即効性があるとして多くの人が取り入れている治療方法です。薬物療法の治療効果を高める為にも心理療法と併用して行うことが大切と言われており、患者さんのメンタルケアを一緒にすることによって回復も早まると言われています。多くの心療内科で利用されている治療薬は、主に脳の神経系に大きく影響を与えることができると言われており、心療内科の治療の中でも特に心の部分に影響を与える治療となっています。こうした薬物療法は、うつ病患者などにも広く利用されていることからかなり効果的ということが分かります。薬を利用することによって、幻覚や幻聴、被害妄想などを抑制することができるので、心に対して非常に効果があるといえます。加えて興奮状態や緊張を抑える効果もあり、リラックスした状態をつくることによって身体の不調も改善することができます。

医師の指示に従って治療する

薬物療法を行う時には、医師の診断や指示に従って正しく服用することが大切です。特に初めて心療内科に通う人は、薬の効果や成分、副作用などを前もって医師に確認しておく必要があります。心療内科で薬物療法をしていく中で症状が再発してしまう人もいます。再発の原因として最も多いのが、症状が治ったと自己判断をして、薬の服用を勝手にやめた場合です。長期間薬を服用するのが恐くなったという人や気持ちが正常になって体調の良い日が続いているという場合に多くみられます。もし症状がよくなった場合は、勝手に服用をやめるのではなく、心療内科に足を運んで現在の体調や精神的状況を伝えるのが良いでしょう。こうした状況に対して医師が診断してくれるので、しっかりと段階を踏んで完治まで歩むことができます。