心が辛くなったら診療内科におこしください

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な症状に

頭痛などの症状には

心療内科で行われている治療は様々ですが、都心部では最新機器を利用した治療が頻繁に行われています。心が原因となって頭痛や偏頭痛が発生している患者さんに対して行われているのが、バイオフィードバック療法という治療方法です。基本的に心の病気は脳の神経と密接に関わっているので、機械を利用して脳波や皮膚温などをチェックすることによって患者自身に数字で脳の変化を伝えます。どういう状況におかれたときに脳が変化するかを数値を持って患者自身が知ることによって患者自身が心と脳のつながりを知ることができます。心療内科へ通院を繰り返してこのバイオフィードバック療法を繰り返し行うことによって、自分で試行錯誤しながらストレスを制御できるようになります。こうした最新の医療機器は東京だけでなく名古屋や大阪などの副都心部にも採用している心療内科は多くあります。この方法はストレスなどが原因で偏頭痛が発生する人に適した治療方法と言われています。

便秘や胃もたれなど

心の病気によって発生する身体の症状は人によって大きく異なり、ストレス症状が大きくなると便秘や下痢、胃もたれなどの症状が出る人も多くいます。こうした症状の人に対して心療内科で行われている治療には自律訓練法というのがあり、精神的なリラックスを目的とした療法になります。気持ちが緊張している状態を解くことによって自律神経も正常に戻り、血流や皮膚温、呼吸など様々な部分の状態を回復させることができます。この療法は海外で発見された療法ですが、日本でも多くの機関で採用されています。自律神経療法は身体から心に働きかける療法と言われており、静かな部屋で行われる治療法です。クリニックで医師の指導の元で行うことに加えて自分で習得することもできます。この療法から、心をリラックスさせることは身体の症状を緩和することにも繋がるといえます。